SHIHO 滋賀県国際親善大使に就任 おすすめは「琵琶湖の周りのサイクリングや比叡山での瞑想」

[ 2019年7月17日 17:46 ]

「滋賀国際親善大使」に任命されたSHIHOと滋賀県の三日月大造知事
Photo By スポニチ

 モデルのSHIHO(43)が17日、東京・日本橋の滋賀県の情報発信拠点「ここ滋賀」で「滋賀国際親善大使」委嘱状交付式に出席。故郷の滋賀県のPRをしたいというSHIHOの提案と国内だけでなく海外にも情報発信を強化していきたい同県との思いが一致し、起用が決定。三日月大造知事から委嘱状を受け取ったSHIHOは「いま時代が求めている健康と学びがたくさん詰まっている滋賀県をたくさんの人たちとシェアしていきたい」と意気込みを語った。

 SHIHOは現在、家族とともにハワイに住んでいるが、今後は滋賀県にも通い、「SNSを中心に」世界に滋賀県の魅力を発信していく予定。モデル業25年で得た海外のファッション誌とのイベント開催や東京の企業と滋賀県の企業の橋渡しなど、さまざまな企画を考案中だという。

 「SHIHOさんと話しているとこっちまで元気がもらえる」と笑顔の三日月知事は「健康・滋賀を一緒に盛り上げていきたい」と話した。

 また、キャリアを重ねても健康美を保ち続けるSHIHOがいまハマっているのが瞑想。「毎日やっています。瞑想するとエネルギーが充電されて、元気もりもりになる」と紹介。さらに「定期的に自然と触れうこと」も大切にしていて、滋賀県内でのおすすめは「琵琶湖の周りのサイクリングや比叡山での瞑想」だという。

 また、親善大使就任に夫で格闘家の秋山成勲(43)は「おー」と喜んでいたそうで、小学生の娘の反応はまだ聞いていないという。この日の取材に同行していたSHIHOの娘は現在、韓国のモデル・エージェントに所属し、学業の合間に仕事をしているという。プロの目から見た娘の素質については、誰でもそうだけれども」と前置きし「子どもって本当に可能性が詰まっている。未知ですね」と微笑んだ。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2019年7月17日のニュース