桂文福 「彦八まつり」で意気込み「30周年につなげたい」

[ 2019年7月17日 14:15 ]

彦八まつりの実行委員長を務める桂文福(右はイメージキャラクター「彦八くん」)
Photo By スポニチ

 落語家桂文福(66)が17日、大阪・生国魂神社で実行委員長を務める落語イベント「彦八まつり」(8月31日~9月1日、生国魂神社)の会見に出席。「令和初の彦八。気を引き締め、来年の(イベント)30周年につなげたい」と意気込んだ。

 同祭りでは毎回替わる実行委員長を中心に内容を決める。今年のプログラムについて「原点に戻って演芸中心にやる」と説明したが、河内音頭取りで相撲甚句を得意とする文福ならではの企画も満載。「“彦八音頭”も作った」と明かした。

 作詞は自身で、作曲は「ヨーデル食べ放題」を手掛けたリピート山中氏。上方落語協会会長で落語家の笑福亭仁智(66)から「それ毎年使おう。繁昌亭でも流したら?」と提案され、ご満悦だった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2019年7月17日のニュース