hitomi ノーバンならず「5点くらい」 プロの凄さを実感

[ 2019年6月23日 13:27 ]

交流戦   DeNA―楽天 ( 2019年6月23日    横浜 )

<D・楽>始球式に登場したhitomi(撮影・会津 智海)
Photo By スポニチ

 歌手のhitomiが始球式を務めた。

 7月6、7日に行われるランニングエンターテインメントイベント「YOKOHAMA STAR☆NIGHT RUN 2019」ライブパフォーマンスステージ「STAR☆STAGE」出演を前に、人生初の大役。三嶋からフォームを伝授され、投じた一球は真っ直ぐにツーバウンドで捕手のミットに収まり「緊張しました。プロの方の凄さを感じました。私たちは届くか届かないかですが、プロの方はそれを凄いスピードで投げる。そう思ったら5点くらい」と厳しめに自己採点した。

 また「STAR☆STAGE」に向けて「皆さんご存じの曲はもちろん、新曲もあるのでそちらも歌いたい」と笑顔を見せていた。

 ▼hitomiの話 始球式はとても緊張しました。(三嶋一輝選手に)優しく教えてもらって練習していたのですが、点数は100点満点中5点くらいでしょうか。マウンドが遠くてプロの選手の凄さを実感しました。7月7日の『YOKOHAMA STAR☆NIGHT RUN 2019』のSTAR☆STAGEでは、会場を盛り上げて楽しい時間にできればと思います。ぜひ遊びにきてください!

続きを表示

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2019年6月23日のニュース