純烈 メンバー不祥事脱退後初の新曲 リーダー酒井一圭、2年連続紅白宣言

[ 2019年6月23日 17:41 ]

大阪市内で新曲「純烈のハッピーバースデー」発売記念イベントを開いた「純烈」の(左から)酒井一圭、白川裕二郎、「天下一品」運営会社の木村勉会長、後上翔太、小田井涼平
Photo By スポニチ

 歌謡グループ「純烈」が23日、大阪市内で新曲「純烈のハッピーバースデー」発売記念イベントを開いた。

 今年1月のメンバーの不祥事による脱退以降、初めてリリースしたシングルで、カップリング曲を含め3曲を熱唱。9年前にデビューした日に集まったナニワのオバ様2000人を熱狂させ、後上翔太(32)は「きょうで10年目が始まる。最初の1日を大阪のみんなと迎えられてうれしい」と感謝した。

 会場には2年前から親交があるという、人気ラーメンチェーン「天下一品」運営会社の木村勉会長(84)が来訪。グループの事務所に近い東京・渋谷店の1年間の無料パスがメンバー全員にプレゼントされた。

 小田井涼平(48)が妻のタレント・LiLiCo(48)の分は「自腹かな…」と心配すると、木村社長は「一緒にどうぞ」と既婚者のリーダーの酒井一圭(44)、白川裕二郎(42)の妻にも贈呈を約束。小田井は「言ってみるもんですね」と“家族パス”ゲットに安どの表情を浮かべた。

 苦難を乗り越えたグループの目標は今年も紅白出場。リーダーの酒井一圭(44)は「2年連続を目指したい」と力強く宣言したが、会長から「こんなに早く(騒動から)カムバックできるとは思っていなかった。今後も油断せずに」と厳しい“忠告”を受けて苦笑いする場面も。

 ただ、渋谷店は紅白が毎年大晦日に行われるNHKホールが近いこともあり、目標が実現した暁にはご褒美に同店限定の年越しそばの新メニュー“純烈そば”を作っては?という声が上がると、会長は「そら、面白いな。(スープは)みんな若いから“こってり”やな」と即GOサイン。大喜びの酒井は「そのウエブ版CM(出演)もよろしく御願いします」とちゃっかり売り込んで、笑いを誘っていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2019年6月23日のニュース