サンプラザ中野くん「大きな玉ねぎの下で」令和元年版披露「歌えることが幸せ」

[ 2019年6月23日 08:34 ]

ラゾーナ川崎でミニアルバム「大きな玉ねぎの下で」の発売記念イベントを行ったサンプラザ中野くん(左)とギターのパッパラー河合
Photo By スポニチ

 サンプラザ中野くん(58)が22日、ラゾーナ川崎でミニアルバム「大きな玉ねぎの下で」の発売記念ミニライブを行った。

 「爆風スランプ」の名バラード「大きな玉ねぎの下で」を令和元年版として発売。パッパラー河合(58)のギター演奏で披露した。「ペンフレンド」という懐かしい言葉で始まる同曲は平成元年にシングルを発売。「令和の時代に歌えることが幸せ」と笑顔で話し、終了後は曲名にちなんでタマネギを配布した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2019年6月23日のニュース