「モヤさま」2年ぶりに「1000円自販機」が“復活” ファン歓喜「神回」「往年の黄金パターン」

[ 2019年6月23日 21:00 ]

さまぁ~ずの大竹一樹(左)と三村マサカズ
Photo By スポニチ

 テレビ東京の人気バラエティー「モヤモヤさまぁ~ず2」(日曜後6・30)が23日に放送され、“モヤさま名物”の「夢の1000円自販機」が2年ぶりに“復活”した

 さまぁ~ずの大竹一樹(51)、三村マサカズ(52)、代打アシスタントを務める女優の芳根京子(22)は東京・経堂周辺をぶらぶら。すると、大竹が路上で「ちょっと三村さん!あれ!」と何かを発見。1000円を入れると、雑貨やブランド品などがランダムで出てくる「夢の1000円自販機」だった。

 「1000円自販機」は07年1月3日の放送初回に登場し、同番組とは約12年の付き合い。17年4月30日放送の「10周年SP」以来、2年ぶりの“復活”となった。

 3人はそれぞれ“1000円ガチャ”に挑戦。三村は「光るサングラス」、大竹は「しゃべる犬のぬいぐるみ」、芳根は2回挑戦して「笑う赤ちゃんますく」と「電流ロシアンルーレットゲーム」をゲットした。

 また中華料理店を訪れた際には、無言で麺をすすり続ける大竹と芳根に三村が「しゃべれよ!」とツッコむ定番の場面も。番組ファンからは「今回マジ神回」「『しゃべれよ!』からの1000円自販機。往年の黄金パターンじゃん」「1000円自販機はやっぱりこうでなきゃ!安定感ハンパ無い」などインターネット上で喜びの声が上がり、3代目アシスタントを務めた同局の福田典子アナウンサー(28)も自身のツイッターで「1000円自販機ー!!!」と反応した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2019年6月23日のニュース