映画初主演の井手麻渡、ガチガチ緊張に共演の渡辺大「先行きが思いやられる」

[ 2019年6月23日 09:08 ]

映画「ある町の高い煙突」の初日舞台あいさつを行った(左から)渡辺大、井手麻渡、小島梨里杏
Photo By スポニチ

 俳優の井手麻渡(29)と渡辺大(34)が22日、都内で映画「ある町の高い煙突」(監督松村克弥)の初日舞台あいさつを行った。

 「無名塾」所属の井手は映画初主演。師匠の仲代達矢(86)との共演に「普段は一緒に芝居や稽古をしているが、外で役者同士として向き合う機会を与えていただき感謝している」と感慨深げ。渡辺は、ガチガチに緊張している井手を「主演が凄く“かんで”いるので、先行きが思いやられる」とちゃかし苦笑いさせた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2019年6月23日のニュース