有名人って大変…りゅうちぇる 一部ファンの目に余る行為に「この仕事をするのが怖くなった」

[ 2019年6月21日 20:51 ]

タレントのりゅうちぇる
Photo By スポニチ

 モデルでタレントのりゅうちぇる(23)が21日放送の関西テレビ「快傑えみちゃんねる」(金曜後7・00)に出演。芸能生活でショックを感じた忘れられないエピソードを語った。

 デビューから間もない頃、りゅうちぇるはのちに妻となるぺこ(23)と大阪でしゃぶしゃぶを食べていた。すると、中年女性が「あれ、ぺことりゅうちぇるちゃう?」と話すのを耳にしたという。東京・原宿では絶対的知名度があったが、地方でも名前を呼ばれたことに2人は喜びを隠せなかった。

 すると「行ってみる?ぺことりゅうちぇるの席」と、おもむろに動き出す中年女性たち。最初は写真やサインなどをありきたりな要求をしていたが、さらには「一緒に食べようよ!」と、想像の斜め上を行くことを言いだしてきたという。

 2人の返事も待たずに「よっこらせ!」と、りゅうちぇるたちのテーブルへ移動してきた中年女性たち。ぺこ&りゅうちぇるの2人は「うそでしょ…」とあっけにとられるばかりだった。

 中年女性たちは荷物を持って席を移動。一緒に食事を取っていると、今度は「2人は別れるんちゃう?」と失礼な言葉まで言い始める。追加の杏仁豆腐も頼んで席を立つ際には「じゃあもう、いっぱい稼いでるだろうからおごってもらおうかな?」と、信じられない要求をしてきたそう。スタジオの面々は「最悪!」と非難ごうごう。MCの上沼恵美子(64)は「大阪のおばちゃん、そんなんちゃうで!」と、その中年女性だけが特別だとたしなめた。

 りゅうちぇるたちは中年女性の要求に「それはちょっと~!」と抵抗。「え~。じゃ、これからも応援してるわ」と一応支払いは済ませてくれたという。大阪府・堺市出身のぺこは「関西人、あんなんちゃうで!」とりゅうちぇるに言い聞かせたそうだ。

 りゅうちぇるはその一件で「この仕事をするのが怖くなった」と感じたそう。しかし「テレビ出させてもらって3、4年経つんですけど、あれを超えることはない」と吐露。上沼は「最初に強烈なのいってるから大丈夫よ。これ以上のはあらへん」とりゅうちぇるを気づかっていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2019年6月21日のニュース