元「アイドリング!!!」メンバー“ノーパパ”で会社設立 収入は「アイドル時代の10~15倍」

[ 2019年6月21日 13:15 ]

「アイドリング!!!」時代の伊藤祐奈
Photo By スポニチ

 元「アイドリング!!!」のメンバーの伊藤祐奈(23)が20日放送のMBS「メッセンジャーの○○は大丈夫なのか?」(木曜後11・56)にVTR出演。グループ卒業後に実業家に転身した経緯や、年収などを明かした。

 14歳でアイドリング!!!に加入、19歳でグループを卒業してアイドルを引退。その後は、社会経験を積むためにアルバイト生活を送り、さらに、カナダ・バンクーバーへ語学留学して、さまざまな国の若者と交流することで起業イメージを膨らませていたという。帰国後は「学歴がある子たちと勝負をするのは無理と最初から諦めていたから、自分で(起業)するしかないと思った」と伊藤。16年にイベントプロデュース・キャスティングを業務とする会社を起こした。

 起業にあたり、周囲から「『パパがいる』とか、『バックに誰がいるんだ』とか言われましたが、資金は自分。ノーパパなんです」と伊藤。また、収入については「アイドル時代の給料の10~15倍」と明かし、元同僚のタレント・朝日奈央(25)を驚かせた。 

続きを表示

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2019年6月21日のニュース