黒木華主演TBS「凪のお暇」 ボロアパート住民に吉田羊、三田佳子ら豪華キャスト

[ 2019年6月21日 12:00 ]

(上段左から)市川実日子、吉田羊、片平なぎさ、三田佳子(中段左から)瀧内公美、大塚千弘、藤本泉、水谷果穂(下段左から)唐田えりか、白鳥玉季、中田クルミ、谷恭輔、田本清嵐(C)TBS
Photo By 提供写真

 女優の黒木華(29)が主演を務める7月スタートのTBSドラマ「凪のお暇」(金曜後10・00)の新キャストが発表され、昨年放送「アンナチュラル」以来のTBS出演となる市川実日子(41)ら個性豊かな面々が名を連ねた。

 月刊誌「Eleganceイブ」(秋田書店)で連載中の、コナリミサト氏による同名漫画を原作とするラブコメディ。場の空気を読みすぎてしまうOL・大島凪が、仕事を辞めて彼氏や同僚との連絡も断ち、郊外のボロアパートで人生リセットしようとする累計250万部突破の話題作だ。

 黒木演じる主人公・凪の元カレである我聞慎二役に高橋一生(38)、新居に選んだボロアパートの隣人・安良城ゴン役に中村倫也(32)を起用。そして今回、新たに13人の主要キャストが発表された。

 凪がハローワークで出会う坂本龍子役に抜てきされた市川実日子は「坂本龍子は、原作より年上です。観てくださった方の夏の夜の時間に、静かな風が吹くことを願っています」とコメントした。

 また、凪が引っ越したアパートの住人で、働きながら一人娘を育てる頼もしいシングルマザー・白石みすずを吉田羊(年齢非公表)、小学生の娘・うららを白鳥玉季が演じる。昨年「中学聖日記」で好演した吉田羊は「“空気を読む”という日本人特有の感覚を描いたこのドラマ。“ああ分かる”と共感する人は決して少なくないだろうと、今からワクワクしております」と原作への思いを語った。

 同じくアパートに住み、他人の目を全く気にせず日々の生活を謳歌している吉永緑役を、多くの映画やドラマに出演し、バラエティー番組にも活躍の場を広げている三田佳子(77)が演じる。「黒木華さんをはじめ“今”をときめくキャストの皆さんに紛れて、“婆一点”で参加させていただけることがとても楽しみです。旬の輝きを吸収し、役者として新しい自分と出会えることを期待しています」と意気込みを語った。

続きを表示

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2019年6月21日のニュース