カンニング竹山 アッコ「超スパルタ」特訓で箸の持ち方矯正「お前の親がバカにされとんねんって…」

[ 2019年6月21日 16:39 ]

カンニング竹山
Photo By スポニチ

 お笑いタレントのカンニング竹山(48)が21日、フジテレビ「ノンストップ!」(月~金曜前9・50)に生出演。歌手でタレントの和田アキ子(69)の“超スパルタ指導”で箸の持ち方を矯正された過去を語った。

 “親のしつけ、どこまで?”のテーマでトークが進む中、お笑いタレントの横澤夏子(28)が「大人になってからは、箸の持ち方って絶対直らないじゃないですか」というと、竹山は「大人になってから、直ります」と断言した。

 竹山は親に厳しくしつけられたが、どうしても箸の持ち方だけはうまくならなかったという。ところが、「40歳の時に和田アキ子に見つかって、超スパルタで(直された)」と告白。一緒に食事をしていると「箸、またおかしいやろ」と手を叩かれ、「お前が箸の持ち方おかしいと、お前の親がバカにされとんねん」と説教されたことを振り返った。

 矯正箸を買って練習した甲斐もあり箸の持ち方は直ったが「気が緩んだらまた(下手に)なっちゃう。(意識して)ちゃんとしようとすればつかめるんで」とも語っていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2019年6月21日のニュース