電気グルーヴ音源・映像配信停止 撤回求める署名6万人超集まる

[ 2019年4月16日 05:30 ]

 コカインを摂取したとして逮捕、起訴されたピエール瀧被告(52)のユニット「電気グルーヴ」の音源や映像が出荷・配信停止となっていることに反対する有志が15日、措置の撤回を求めた6万4606人分の署名をレコード会社「ソニー・ミュージックレーベルズ」(東京都)に提出した。

 署名は79カ国から寄せられたという。社会学者の永田夏来氏(45)ら発起人は都内で会見し「作品は作り手だけでなく受け手の財産」などと話した。ソ社は「今後については捜査や裁判の行方を見守りながら検討する」と話した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2019年4月16日のニュース