戸塚祥太「天国のジョンが“ロックだぜ!”と言ってくれるように」

[ 2019年4月16日 05:30 ]

舞台「BACKBEAT」製作発表取材会に出席した(前列左から)上口耕平、辰巳雄大、戸塚祥太、加藤和樹、JUON(後列左から)石丸さち子氏、夏子、尾藤イサオ、鈴木壮麻
Photo By スポニチ

 A.B.C―Zの戸塚祥太(32)が15日、舞台「BACKBEAT」(5月25日~6月9日、東京芸術劇場)の製作発表を行った。

 ビートルズの創成期を描いた同名映画の舞台版。戸塚はデビュー目前に21歳で死去したベーシストのスチュアート・サトクリフを演じる。戸塚やジョン・レノン役の加藤和樹(34)、ジョージ・ハリスン役の「ふぉ~ゆ~」辰巳雄大(32)ら5人で「ロックン・ロール・ミュージック」など2曲を生披露。戸塚は「天国のジョンが“ロックだぜ!”と言ってくれるように頑張りたい」と意気込んだ。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2019年4月16日のニュース