体操の“よしお兄さん”小林よしひさ 2歳年下の一般女性との結婚を生報告「ちょっと前なんですけど」

[ 2019年4月16日 09:20 ]

小林よしひさ
Photo By スポニチ

 NHK・Eテレ「おかあさんといっしょ」で「第11代体操のお兄さん」を務めた小林よしひさ(37)が16日、日本テレビの情報番組「スッキリ!」(月~金曜前8・00)に生出演。この日、明らかになった一般女性との結婚について「(結婚)していました。ちょっと前なんですけど」と生報告した。

 芸能リポーターの井上公造氏から「僕の出番がありました。今日の新聞で。お兄さん、結婚していたんですね?」と問われた小林は「はい、していました」とキッパリ。「ちょっと前なんですけどね」と照れ笑いを浮かべた。MCの加藤浩次(49)らから祝福を受けると、小林は「すみません。あまり番組で自分のことを発表する機会がなかったので、なかなかタイミングをつかみづらく、このタイミングになってしまったんで、すみません」と発表が遅れた理由を明かした。お相手の方については「(年齢)2つ下なんですけれども」とし、動物に例えると?との問いには「とっても難しいですね。その辺、夜の番組で話していると思います。いつも朝の番組だったので。のちほど」と笑顔を浮かべた。

 小林は「おかあさんといっしょ」で2005年4月から今年3月まで歴代最長となる14年間体操のお兄さんを務め“よしお兄さん”の愛称でお茶の間に親しまれてきた。この日放送の民放ゴールデン初出演となる「超特大さんま御殿!!坂上忍ヒロミ女子アナ 豪華芸能人が満開SP」(後7・00)で結婚について告白。初のプライベートトークを展開する。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2019年4月16日のニュース