大黒摩季「接着剤になりたい」ももクロ「まずはあいさつ」

[ 2019年4月16日 05:30 ]

ライブで熱唱するももいろクローバーZ(撮影・村上 大輔)
Photo By スポニチ

 歌手の大黒摩季(49)、ももいろクローバーZが15日、都内で、いじめをテーマに強く生き抜く元気を届けるライブイベント「IJIMEQUEST415」に参加した。

 大黒は「ら・ら・ら」など7曲を熱唱。「ミュージシャンとして、いじめに苦しむ子供と、手を差し伸べてくれる大人の接着剤になりたい」と語った。

 ももクロは「走れ!―Z ver.―」など4曲を披露。百田夏菜子(24)はグループ活動の秘訣(ひけつ)を「会えば必ず“おはよう”って言う。まずはあいさつだと思います」と語った。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2019年4月16日のニュース