元「爆風スランプ」江川ほーじん 意識戻らず…「懸命の治療が続いています」

[ 2019年3月9日 16:50 ]

募金を呼び掛けているファンキー末吉
Photo By スポニチ

 昨年12月に交通事故に遭い、現在意識不明の状態である「爆風スランプ」元メンバーの江川ほーじん(57)について、ファンキー末吉(59)が自身のブログで現状報告した。

 江川が事故に遭ってから、治療のための「江川ほーじん募金」を開設。また、サンプラザ中野くん(58)、パッパラー河合(58)も一部参加して2月下旬から3月にかけてチャリティーライブを開催した。

 末吉のブログでは「江川ほーじんへのご支援、活動へのご理解ご協力を誠にありがとうございます。皆さまからの募金、チャリティーライブの収益が現在387万4047円となりました事をご報告致します。ご家族にお送りし、治療のために大切に使わせて頂きます」と報告した。

 江川の現状については「懸命の治療が続いています。意識は未だ戻っておらず、長期戦は避けられないかも知れません」と説明。「それ故『目標額』というものを設定出来る状況に無いことをご理解願います。今後も何か変化がありましたらお伝えして参ります。無理のない範囲で構いません。引き続きのご支援を、どうぞよろしくお願い致します」と呼び掛けた。

 江川は1982年から1989年まで「爆風スランプ」のベースを担当していた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2019年3月9日のニュース