欅坂電撃卒業の長濱ねる アイドル活動に悩み 関係者「病気やトラブル」否定

[ 2019年3月9日 05:30 ]

欅坂46の長濱ねる
Photo By スポニチ

 欅坂46の長濱ねる(20)がグループ卒業を発表して一夜明けた8日、卒業の理由について、近い関係者が「非常に真面目な性格なので、アイドル活動を続けていく上でいろいろと悩みがあったのではないか」と、活動を巡る悩みが主因との見方を示した。

 長濱は7日のブログで理由を明かしておらず、ネット上では「病気なのでは」「トラブルでは」などと臆測が飛び交った。事務所関係者は、病気やトラブルが原因ではないと説明している。先月22日のテレビ朝日「ミュージックステーション」や今月5日のNHK「うたコン」にグループが出演した際、長濱は体調不良を原因に参加を見送っていた。

 昨秋以降、同グループは今泉佑唯(20)志田愛佳(20)米谷奈々未(19)と卒業が続いている。体調不良で不在になりがちな絶対的エース、平手友梨奈(17)を支えてきた人気メンバーの相次ぐ卒業に「まさか、ねるまで」とショックを隠せないファンも多い。

 長濱は15年、親の反対で欅坂46のオーディションの最終審査を受けられず、その後、特例で合格。運営側は特例の差別化を図るため、欅坂46の下部組織として長濱1人の「けやき坂46」を新設し、ほかのメンバーを募集。長濱は両グループを兼任し、17年に欅坂46専任となった。

 けやき坂46は「日向(ひなた)坂46」に改名後初のコンサートを今月5、6日に横浜アリーナで行った。長濱は自分1人でスタートしたグループの再出発を見届け、公演翌日の7日に卒業を発表。卒業の時期や卒業後の活動など詳細を明かさず“ゲリラ的”な発表となったが、関係者は「日向坂の船出を見届けてから発表するあたりは、責任感が強い長濱らしい」と話した。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2019年3月9日のニュース