佐々木希 ママとして初の公の場で緊張「ドキドキしますね」 長男出産から半年でスラリ、髪もバッサリ

[ 2019年3月9日 14:46 ]

佐々木希「希んちの暮らし」刊行記念フォトセッション&トークショーお気に入りのページを見せ、笑顔を見せる佐々木希
Photo By スポニチ

 女優の佐々木希(31)が9日、都内で行われた著書「希んちの暮らし」(講談社)の刊行記念フォトセッション&トークショーを開催。昨年9月に夫でお笑いコンビ「アンジャッシュ」の渡部建(46)との第1子となる長男を出産して以来、初めての公の場。

 この日は春らしいストライプのワンピースで、以前と変わらぬ、スラリとした姿で登場。幸せそうな笑顔を振りまいた。

 佐々木は久々のイベントに「嬉しいですね」とにっこり。「(距離が)近いので、結構ドキドキしますね」と続けた。髪もショートにバッサリ。「本当にシャンプーが楽で、短いのも初めてでいいですね。暮らしやすいですね」と笑顔を浮かべた。

 イベントは7日に発売された自身のライフスタイルブック「希んちの暮らし」の発売を記念してのもの。雑誌「with」の連載で1年間、プロから学んだ料理のレシピや家事の豆知識、インスタグラムで好評を博している“希んちのごはん”のレシピ、佐々木が実際に使っている器や調理器具など愛用品をまとめた一冊。同書にも料理指導を担当した料理家の濱守球維氏を招いてトークショーを行った。

 著書の発売は「いいきっかけでありがたい」と佐々木。お気に入りの企画としては「友人をおもてなしするなら」という企画ページをチョイス。「これはガチ。突然来るとなったら焦る。何も計画なしでスタートしたので、まずはスーパーでいろいろ買って、いろいろ作るのを密着していただいた。なかなかない機会なので面白いなと。私も面白かったです。目まぐるしかったけど、すごいいい経験になりました」と料理上手な佐々木らしいエピソードを明かした。

 濱守氏もそんな佐々木の腕前を「小さい頃からやってたんだなっていうが分かる。おっ、この子は!(と思う)」と絶賛。自慢のレシピについては「これから暖かくなるので、枝豆の薬味漬けは夏にかなり作っておいしいって言ってくれた。簡単なのでぜひ試してください」とアピールした。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「内田裕也」特集記事

2019年3月9日のニュース