フジ入社3年目久慈アナ「めざましどようび」メーンキャスター 歴代最年少での就任

[ 2019年3月9日 08:39 ]

フジテレビの久慈暁子アナウンサー
Photo By スポニチ

 フジテレビの久慈暁子アナウンサー(24)が4月から同局の土曜朝の情報番組「めざましどようび」(土曜前6・00)に就任することが9日、分かった。8日放送の同番組で発表された。宮澤智アナウンサー(29)は今月いっぱいで番組を卒業する。

 番組終盤、佐野瑞樹アナウンサー(47)が「ここで『めざましどようび』からお知らせです。去年4月から1年間担当してきました宮澤アナウンサーが3月いっぱいで番組を卒業ということになります」と宮澤アナの卒業を報告。続けて「4月から入社3年目になります久慈暁子アナウンサーが加わるということになります」と久慈アナの加入を伝えた。2003年にスタートした同番組のメーンキャスターとしては久慈アナが歴代最年少となることも明かされた。

 出演した宮澤アナは「お世話になりました。3月いっぱいは頑張って、元気にお伝えしていきます」と笑顔であいさつした。

 久慈アナは大学在学中からファッション誌の専属モデルとして活躍し、入社1年目から同局の新人女性アナウンサーの登竜門的番組「○○パン」シリーズの冠番組「クジパン」に抜てき。朝の情報番組「めざましテレビ」(月〜金曜前4・55)にも1年目から出演するなど、“クジパン”として親しまれている。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2019年3月9日のニュース