「アバンティーズ」エイジさん事故死の経緯を説明「見たことのない速さの波に…」

[ 2019年1月29日 21:43 ]

エイジさん
Photo By 共同

 人気ユーチューバー「アバンティーズ」のそらちぃ(22)、ツリメ(22)、リクヲ(22)の3人が29日、1月1日にサイパンで亡くなったエイジさん(享年22)の事故の経緯をユーチューブで行った。

 メンバーは「もう少し早い時期にご説明するべきでしたが、僕たちにとってかけがえのないメンバーを失ったことによる失望ははかりしれないものでした」と、ここまで時間がかかった理由を説明。ネット上で様々な憶測が流れているが、この説明が事実と強調した。

 リクヲがメモを読み上げる形で事故の様子を説明。1月1日に休暇のためアバンティーズのメンバーらでサイパンの無人島・バードアイランドに出かけたという。現地の地理に詳しい人とトレッキングで利用される道を使ってビーチまで行き、水遊びができるスポーットを探していたが、エイジさんは海では泳がずに近くまで行くだけ、と言っていたという。エイジさんは最初は膝くらい、その後は腿のあたりまで海水につかる場所に立っていたが、仲間が目を離した時に「助けて」という声がし、振り返ると今まで見たことのない速さの波に体を取られ、沖に流されていくところだったと言う。知人すぐに助けたが、すでに意識がなくなっており、地元の人々の助けを受けレスキューを呼んで心臓マッサージや人工呼吸をしたものの、病院に到着した時、医師から「残念です」と伝えられたという。

 そらちぃは、あくまでも休暇で訪れており動画の撮影はしていなかったこと、遊泳禁止の場所ではなかった、と語り、事故についても検証の結果致し方のない事故だったとされた、と説明。事故からこれまで送られた温かい言葉や励ましの言葉に感謝した。

 また、今後の活動について「大変大きな存在であったエイちゃんを失ったことは、あまりに大きく、今はただただ途方にくれるばかりです。正直これからもアバンティーズを続けていけるのか、まだ結論は出てません」としながらも「彼と僕らと視聴者の皆さんと一緒に続けてきたアバンティーズを、これからも続けていくこと、僕らが次の一歩を踏み出すことがエイちゃんの望みでもあり、皆さんへの恩返しになると信じています。そしてそれが僕らの望みでもあります。どうかもう少し時間を下さい」とあいさつした。

 アバンティーズはエイジさん、そらちぃ、ツリメ、リクヲの4人組。中学時代からチャンネルをスタートし、高校卒業後、活動を本格化させた。エイジさんとそらちぃは幼稚園時代からの幼なじみだった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2019年1月29日のニュース