渡辺棋王、公式戦15連勝でストップ 叡王戦本戦準決勝で菅井七段に敗れる

[ 2019年1月29日 22:04 ]

渡辺明棋王
Photo By スポニチ

 将棋の渡辺明棋王(34)が29日、東京都渋谷区の将棋会館で指された叡王戦本戦トーナメントの準決勝で菅井竜也七段(26)に敗れ、今年度全棋士最長で自己記録を更新中だった公式戦連勝が15で止まった。今年度成績は29勝8敗。

 渡辺は王将戦7番勝負に挑戦者として出場中で、久保利明王将(43)に2勝0敗とリードしている。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2019年1月29日のニュース