中川大志 CMキャラ“細杉くん”は「代表作」「どんなお仕事よりも好評」

[ 2019年1月29日 11:07 ]

「au×music 2019」新CM発表会に出席した松本穂香(左)と中川大志
Photo By スポニチ

 女優の松本穂香(21)と俳優の中川大志(20)が29日、都内で行われた「au×music 2019」新CM発表会に出席。ドラム生演奏を披露し、新CMの見どころをアピールした。

 人気シリーズ「意識高すぎ!高杉くん」の新CMは「ドラム篇」。細杉くん(中川)が音楽に合わせて華麗にドラムを披露し、高杉くん(神木隆之介)が対抗心を燃やすというストーリーで、この日のイベントではCMキャラクターに扮した松本と中川がドラムを生披露した。

 華麗なスティックさばきを披露した中川を、松本は「細杉くんはスポーツがあれなので、ギャップが良いですよね」と絶賛。中川は「CMでは半分ぐらいCGですから、それがバレてしまう」と冗談をまじえながら、「今回のCMはギャップ萌えで細杉くんに落ちる女性が増えるんじゃないでしょうか」と見どころをアピールした。

 また、第42回日本アカデミー賞で新人俳優賞を受賞した中川は会場中から祝福され、「(細杉くんの)この髪型と眼鏡が安心感がある。帰ってきたという気持ちになる」と笑顔。「この細杉という役をやってから、どんなお仕事よりも好評をいただきまして、とても複雑ではあるんですけど、他では褒められたことはないのにこれだけ褒めていただけて、自分の中の代表作だと思っております。自分にとって、とても大切で大好きな役です」と笑わせた。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2019年1月29日のニュース