高橋真麻「嵐もファンも同じ方向を向いているのがいいな」 同世代大野の心境にも理解

[ 2019年1月29日 16:03 ]

フリーアナウンサーの高橋真麻
Photo By スポニチ

 フリーアナウンサーの高橋真麻(37)が29日、フジテレビ「バイキング」(月〜金曜前11・55)に出演。国民的アイドルグループ「嵐」が2020年いっぱいでの活動休止を発表したことについて言及した。

 番組では、嵐の活動休止にショックを受け、仕事をやる気が起きないと“嵐休暇”を申請するなど“嵐ロス”といわれる現象が、国内だけでなく中国や台湾などでも広がっていることを紹介した。

 それでも、全力で応援することを宣言したり、ネット上では「#大野くんの夏休み」というハッシュタグが拡散するなど、前向きに支持するファンの声が多いことも紹介されると、高橋は「嵐の皆さんも前向きで、ファンの皆さんも前向きで、みんなが同じ方向を向いているのがいいなって」と嵐とファンの関係に好感を持った様子。

 また、嵐と同世代の高橋は「大野さんがこれくらいの年代で、ちょっと休みたいなとかジョブチェンジしたいなって思うのはすごくわかる」と大野智(38)の心境に理解を示し、「その気持ちをきちんと尊重してくれたことと、『5引く1はゼロなんだよ』っていう気持ちが、すごくみんながシェアできてるっていうことがよかったな」と話した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2019年1月29日のニュース