岡田准一ライバル役に松山ケンイチ テレ朝「白い巨塔」、寺尾聰も出演

[ 2019年1月29日 05:00 ]

テレビ朝日が開局60周年を記念し制作するドラマ「白い巨塔」で岡田准一(中央)演じる主人公・財前五郎のライバル里見脩二役に決まった松山ケンイチ(左)と、財前の師・東貞蔵役を演じる寺尾聰
Photo By 提供写真

 俳優の松山ケンイチ(33)が、V6岡田准一(38)主演のテレビ朝日5夜連続ドラマ「白い巨塔」に、内科医・里見脩二役で出演する。

 出世よりも診察と研究に心血を注ぐ、主人公財前五郎とは対極の役どころ。岡田との共演について「とてもパワフルな演技をされる方。“岡田さんがこう来るなら、僕もこうしよう”と、より対比がある2人になっているのではないか」と手応えを語った。

 また、財前が師と仰ぎ、やがて対立していく第一外科教授、東貞蔵役で寺尾聰(71)の出演も決定。寺尾は岡田と松山との共演が出演の決め手になったとし、撮影について「2人がいったいどうぶつかり合うのか、そして2人の間に自分がどういられるのか楽しみでした」と話した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年1月29日のニュース