元J1神戸の近藤岳登 アスリート初のR―1準々決勝進出!Jリーガーネタ「もうネタ切れ」

[ 2019年1月29日 22:18 ]

「R−1ぐらんぷり」3回戦に出場した近藤岳登
Photo By スポニチ

 元J1ヴィッセル神戸のDF近藤岳登(37)が29日、大阪市内で開かれたひとり話芸日本一決定戦「R―1ぐらんぷり2019」の3回戦に出場し、Jリーガーの年俸ネタで元アスリート初となる準々決勝進出を決めた。

 Jリーガーには高年俸が期待できる契約とそうでない契約があり、合コンで“Jリーガー詐欺”に合わないよう契約の詳細確認を勧めるネタで爆笑をさらった。出演後には、「1、2回戦より1分長い持ち時間3分で、しっかりネタ振りした上で合コンの話ができた。緊張したけど楽しめたので90点」と自己評価し、「本当は前後半合わせて90分やりたい」とおどけた。

 元アスリートでは前人未到の3回戦突破に「初、とかイイ響きですね」とご機嫌。笑いの殿堂・なんばグランド花月で開かれる準々決勝進出を決め、「Jリーガーは引退してもこんな道があるんだぞ、と言ってやりたい」と胸を張った。

 Jリーガーの本性をあばく身を削った芸を披露しているが、「もうネタ切れ。Jリーガーにだまされた人からの被害報告をSNSで募集したい」とニヤリ。夢は決勝進出だが、「ネタがテレビで放送されたら、Jリーガーから“何を暴露してるんだ”と抹殺されそう。でも“Jリーガー詐欺師撲滅運動”のために覚悟を持ってやりますよ!」と正義感をアピールし、笑わせた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2019年1月29日のニュース