GACKTら真剣に茶番「おおいに笑って」、映画「翔んで埼玉」Jプレミア

[ 2019年1月29日 06:30 ]

映画「翔んで埼玉」のジャパンプレミアで“埼玉ポーズ”を取る(前列左から)中尾彬、伊勢谷友介、二階堂ふみ、GACKT、京本政樹(後列同)武内英樹監督、加藤諒、ブラザートム、島崎遥香、益若つばさ
Photo By スポニチ

 女優の二階堂ふみ(24)、歌手のGACKT(45)らが28日、都内で主演映画「翔んで埼玉」(2月22日公開)のジャパンプレミアに出席した。

 埼玉県人が地位向上のために蜂起するコメディー。東京都知事の息子役で男子高校生役に挑戦した二階堂は「埼玉へのディスりから愛への変化を楽しんで」と笑顔でアピール。一方“隠れ埼玉県人”の高校生という異色の役どころのGACKTは「今世紀最大の茶番劇だけれど、真剣に演じた。くだらないと思ったら、おおいに笑って」と語った。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年1月29日のニュース