クロちゃん、SNS“偽装”で文句殺到も前向き「応援してくれているなって」

[ 2019年1月29日 12:52 ]

「安田大サーカス」のクロちゃん
Photo By スポニチ

 脳動脈瘤のため手術したことを公表した、お笑いトリオ「安田大サーカス」のクロちゃん(42)が29日、フジテレビ「ノンストップ!」(月〜金曜前9・50)にVTR出演。入院を知られないようにするため、SNSを更新し続けた苦労を語った。

 昨年10月放送のTBSの医療バラエティー「名医のTHE太鼓判!」で脳動脈瘤が見つかり、治療するため今月4日に入院。8日に手術を受け、13日に退院した。

 病院のセキュリティなどの都合上、入院を隠さなければいけなかったというクロちゃん。しかし、SNSで日常の様子を頻繁に投稿していることもあり、投稿が止まることで入院が知られてしまうことを危惧し、ベッドの上からでもアップし続けることに。

 「(入院前に)素材を集めて。外出する時にリュックの中に服4着ぐらい衣装のパターンを持って、外で着替えて写真を撮ってを繰り返した」。撮りためた写真でSNSを更新。この期間を「空白の10日間」と呼び「本当に大変でしたよ」と振り返った。

 しかし、手術を終えたことが報じられると「みんなから『10日間お前嘘をついていたな』って。そこから『お前、ほんとに嘘つきだな』って感じで前以上に文句がきました」。それでもポジティブに受け止め「でも結局フォロワーの人たちはなんだかんだ文句を言いながらも、応援してくれているなって」と語っていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2019年1月29日のニュース