さまぁ〜ず大竹、南国プールで場所取り騒動 想定の上いく結末に三村も大笑い

[ 2019年1月29日 22:29 ]

「さまぁ〜ず」の大竹一樹
Photo By スポニチ

 お笑いコンビ「さまぁ〜ず」の大竹一樹(51)が、自身がMCを務める28日放送のテレビ朝日系「さまぁ〜ず×さまぁ〜ず」(月曜深夜2・24)に出演。正月休みに訪れたグアムでの出来事を語った。

 大竹は正月休みを利用して家族とグアムへ旅行へ。ただ、風邪をひいてしまったようで、初日から高熱を出してしまったのだとか。しかも仁美夫人(39)は「旅行で風邪ひいてるヤツ、一番嫌いらしい」とのことで、大竹はずっと健康なフリをしていたようだが、さすがに仁美夫人にはバレバレだったようだ。

 大竹の体調が悪い上に天候もよくなく、大竹家は全体的にローテンション。そんな中、旅行の後半で晴れ間がのぞきだすと一家はあわただしく動き始めた。

 大竹はホテルの従業員に頼んで、用意周到にパラソルを2日間ほど予約。パラソルはホテル従業員が早朝に並んで確保してくれることとなっていた。

 初日はちゃんとパラソルとサマーベッドが用意されていたのだが、2日目に行くとそこには見知らぬ荷物が。大竹はそれを見て「おや、コレ俺の席じゃん」と首をかしげるばかり。「申し訳ないけど、他の家族が取っちゃったのかな」と、大竹家の家族が見守る中、荷物をどかして席を空けたという。

 すると席を確保していた家族が登場。若いお父さんが「あれ?それウチの席だけど」と話しかけてきたという。すると大竹は「いやいやいや、ごめんなさい。ここはウチが押さえてあった席で…」と伝えると、若いお父さんは「は?何にもなかったけどね」と反論。大竹は当然引くわけに行かず、さらに説得すると、若いお父さんは「そんなのあんだ?」と引き下がってくれたという。

 大竹家の面々は“いいの?大丈夫なの?”といった表情。大竹も少々不安になり、フロントに確認してみたところ、なんとその日の予約は現場スタッフの耳に入っておらず。従ってその席は、若いお父さんの席で間違いなかったのだ。

 そのことを知った大竹は罪悪感に耐えきれず、若いお父さんの家族を、プール中くまなく探すことに。見つけた瞬間「手違いで予約してなかったんで…」と言う勇気はなく、「よかったら、ぜひ使って下さい」と言ってしまったという。

 結局、居場所をなくした大竹家。大竹はフロントに「何とかならないでしょうか?」と頭を下げると、フロントは謝罪の意味を込めて「なんとかします」と返答。ただ、プールはどこを見ても人だかりで、とても空きが出る状況ではなかった。

 しかしホテルスタッフが汗だくになって1時間探し回った結果、サマーベッドの空きを見つけたという。大竹家はやっとの思いでその場所に行くと、あろうことか「さっき譲った(若いお父さん)の隣の席だった」という。事のてん末を聞いた三村マサカズ(51)は、思わず「気マズっ!」と大笑いしていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2019年1月29日のニュース