田中みな実、彼氏最優先の生活告白 女友達と映画館にいても「ごめん、帰る」

[ 2018年12月23日 08:40 ]

フリーアナウンサーの田中みな実
Photo By スポニチ

 フリーアナウンサーの田中みな実(32)が23日放送のフジテレビ「ボクらの時代」(日曜前7・00)に出演。仕事や友人よりも交際相手を最優先してしまう自身の考え方を嘆いた。

 田中はフリー転身後の活動について「フリーになってから思うようにいかないことがこんなにたくさんあるんだって気づいて、ちょっと感情を捨てたら、感情が欠如してしまって。ある日、朝起きたら涙が止まらなかったりする」と苦笑い。「局アナの頃は1つの局の中の話だったのが、フィールドが広くなってマルチタレントの方と一緒になって、皆さんが面白エピソードたくさんあるのに、私は大して話せないし。だんだんエピソードを持っていない私にイラっとするようになった」と語った。

 また、彼氏との付き合い方については「めちゃくちゃ(仕事に)影響します」と告白。「(彼氏がいると)早く帰りたいし。仕事もそうだし、プライベートで女友達と約束していても、映画館に入って、席について映画見ようって携帯切ろうとした時でも、彼が帰ってくるってなったら、『ごめん、帰る』って帰っちゃう」と明かし、「良くないって分かっている。そうならないようにしようとは思うのに、いざ付き合っちゃうと彼中心の生活になっちゃうし、相手からしても重い」とうなだれていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2018年12月23日のニュース