こじるり 独りクリスマスの予定が…「スイートルーム見に行ってもいい?」

[ 2018年12月23日 16:59 ]

「2019年版 小島瑠璃子カレンダー」発売記念イベントに出席した小島瑠璃子
Photo By スポニチ

 タレントの小島瑠璃子(25)が23日、都内で「2019年版 小島瑠璃子カレンダー」発売記念イベントに出席した。この日25回目の誕生日を迎えた小島は「30代が近づいてきています。大人らしく、もうちょっとだけおしとやかに。無理だな」とひとりでツッコミつつ、「ひとりの時間を上手に使えるようになれれば」と語った。

 カレンダーの撮影はタイの無人島で行われたという。すべて水着のショットではじける笑顔を見せたかと思うとあえて目線を外した大人っぽい表情なども。「いままでで一番のお気に入り」と自信を持って語るも、撮影は大変だったという。

 「ロケ中にカメラマンが倒れまして…」。帰国後、病院にかかるとウィルス性の病気との診断。1カ月も寝込んだという。小島も「原因不明の腹痛が続いていました。でも(カレンダーの)出来に影響がなかったのにはホッとしています」と明るく話した。

 また、今年のクリスマスは一人で過ごすためにホテルのスイートルームを予約したという小島だが、なかなか周囲に信じてもらえないと吐露。小島のこの行動は「意味わからない」「ぜいたくな過ごし方だね」の2種類の反応があったという。当日は、読書をしたり、中国語のプライベートレッスンを受けたりする予定。「一人でゴロゴロダラダラ過ごす予定だったんですけど。そうならないかもしれません」とも。小島の祖母がテレビで小島のクリスマスの予定を知り、「スイートルーム見たことがないから。ちょっと見に行ってもいい?」と母とともに訪ねてくるという。

 芸能生活10年目の2018年は「世界ふしぎ発見!のミステリーハンターで中国に行かせてもらったり、プライベートではダイビングのライセンスをひとつあげたり」と充実した年だったと振り返った。来年については「提案していただいたお仕事を楽しくやるスタンスなので。また(クリスマスは)何するんですか、って聞きにしてください」と笑った。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2018年12月23日のニュース