タッキー 演出家としてのスタンス明かす「言ってくれれば何でもやる」

[ 2018年12月23日 12:41 ]

滝沢秀明
Photo By スポニチ

 年内での芸能界引退を表明している滝沢秀明(36)が22日、パーソナリティーを務めるニッポン放送「タッキーの滝沢電波城」(土曜後10・30)に出演し、来年から転身する演出家としてのスタンスを語った。

 この日の放送では「Kis―My―Ft2」の北山宏光(33)がゲストとして出演。「滝沢君から見てキスマイってどう見えてるのかなって」と演出家としての意見を求められた滝沢は「いい意味で変わらない。(グループの)バランスも良いと思う」と評価した。

 さらに、キスマイのコンサートや舞台などを演出して欲しいと求められると「言ってくれれば何でもやりますよ」と滝沢。「どこまでやるとかも決めてないし、これからも決めないし。ここからここまで俺がやるとかそういうのはない」とプロデュース業における自身のスタンスを示した。

 また、「でもお高いんでしょ?」と“プロデュース料”を気にした質問には「社内割引がありますから」と冗談を交えつつも「いい作品を作ることが目的ですから」。番組の最後には「お互い立場は変わるけど頑張っていきましょう」と事務所の後輩にエールを送った。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2018年12月23日のニュース