平成仮面ライダー20作記念作が公開 奥野壮「いつの時代も確かにここにいます」

[ 2018年12月23日 05:30 ]

映画「仮面ライダー平成ジェネレーションズFOREVER」の初日舞台あいさつを行った(左から)犬飼貴丈、奥野壮、大東駿介
Photo By スポニチ

 平成仮面ライダー20作記念となる映画「仮面ライダー平成ジェネレーションズFOREVER」が22日、全国で封切られ、奥野壮(18)、犬飼貴丈(24)、大東駿介(32)らが都内で舞台あいさつを行った。

 放送中のテレビ「仮面ライダージオウ」に主演している奥野は「フィクションだけれど、僕たちライダーはいつの時代も確かにここにいます」と宣言。映画版ゲストの大東は「悪役なのに現場で初めてライダーに会った時は、うわあ、格好いいと思った」と笑顔で振り返った。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2018年12月23日のニュース