マジプリ 初の単独アリーナ公演で28曲熱唱!弟分「Hi☆FIVE」デビューも発表

[ 2018年12月23日 20:30 ]

日本ガイシホールで初の単独アリーナ公演を行った「MAG!C☆PRINCE」の(左から)平野泰新、大城光、西岡健吾、阿部周平、永田薫
Photo By 提供写真

 東海地方を拠点に活動するイケメン5人組「MAG!C☆PRINCE」が23日、デビュー3周年を迎え、名古屋市の日本ガイシホールでワンマンライブを行った。グループ初の単独アリーナ公演となり全28曲を熱唱。6000人のファンを盛り上げた。

 リーダーの平野泰新(23)は「不安や心配もありましたが、ステージに立った瞬間、たくさんのチアーズ(ファン)の皆さんの笑顔が目に飛び込んできて一瞬で吹き飛びました」と喜びを爆発させた。ライブには、九州を中心に活動する男性4人組「九星隊 (ナインスターズ)」も応援に駆けつけた。

 また、同グループの弟分としてオーディションで選ばれた「TOKAIスクールボーイズ」が5人組「Hi☆FIVE」としてデビューすることも発表された。平野は「まだまだ未熟な僕たちですが、九星隊に加えて、新たにHi☆FIVEという弟分グループも増え、MAG!C☆PRINCEとしても、僕自身そのリーダーとしても、みんなを引っ張っていけるようにもっともっと頑張っていきます」と決意を新たにした。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2018年12月23日のニュース