さんま、キムタク主演映画にエキストラ出演「木村の娘さんはすぐ分かったみたい」

[ 2018年11月25日 14:01 ]

明石家さんま
Photo By スポニチ

 お笑いタレントの明石家さんま(63)が、自身がパーソナリティーを務める24日放送のMBSラジオ「ヤングタウン土曜日」(土曜後10・00)に出演。俳優・木村拓哉(46)が主演を務める来年1月公開の映画「マスカレード・ホテル」にエキストラ出演していることを明かした。

 木村の主演映画に「僕も出てるんですよ」と切り出したさんま。以前、同映画の鈴木雅之監督と別の番組で共演した際「ちょっとエキストラで出してくれませんかね」と直訴していたことから今回の出演が実現したといい、「俺を見つけるのは大変。俺が出てったら邪魔になるから『さあ、どこに出てるでしょう?』っていう出方やねんけど」と、スクリーンではさんまだと判明しにくい登場の仕方だとした。

 「かっこええ紳士」という役どころ。あくまでも目立たないような演出で、携帯を落とすなどアドリブで演じた部分は全部カットされたという。「遠くで、引きで。さんまかどうか分からない、分かる人は分かる、分からない人は分からないっていうシーンになっている」のだが「木村のところの娘さんは『あ、さんまさんだ』ってすぐ分かったみたい。『どこに出るんやろ?』って、俺すら分からなかった」とし、最後は「ワンシーン出てますので、ぜひ探しに行ってください」と呼びかけた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2018年11月25日のニュース