木梨憲武 “同級生”元川崎V藤川孝幸さん悼む「すげえ優しくて…色々ありがとうございました」

[ 2018年11月25日 12:39 ]

木梨憲武
Photo By スポニチ

 「とんねるず」の木梨憲武(56)が、15日に胃がんのため死去したV川崎(現J2東京V)でGKとして活躍した藤川孝幸さん(享年56)を悼んだ。

 木梨は、自身がパーソナリティーを務める24日放送のTBSラジオ「土曜朝6時 木梨の会。」(土曜前6・00)で「俺の同級生の、読売クラブの藤川君、ゴールキーパー。亡くなっちゃった」と悲しみの報告。「すげえ残念なんですけど、心からご冥福をお祈りしながら」とその早すぎる死を悼んだ。

 藤川さんは、バラエティー番組「とんねるずの生でダラダラいかせて!!」(1991年〜、日本テレビ系)で木梨とPK対決を繰り広げてお茶の間を盛り上げた。「すげえ優しくて。コーチになっても監督になっても、誰に対しても優しい同級生が亡くなっちゃうって、悲しかった。サッカー関係の方もみんな悲しがって。ファンの皆さん本当に残念ですが」と、藤川さんとの思い出や、悲しみの深さを口にし、最後は「藤川君、色々ありがとうございました」と呼びかけた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2018年11月25日のニュース