人気漫画家の柴田亜美さん ザクロの実の皮にかぶりつき中毒症状「締め切り前でなかったら…」

[ 2018年10月30日 21:40 ]

 人気漫画家の柴田亜美さん(51)が30日、日本テレビ系「ザ!世界仰天ニュース」(午後9時〜)に出演、ザクロの実にかぶりついて倒れた経験を明かした。

 柴田さんは「南国少年パプワくん」などで知られる人気漫画家。ある日美容に良いというザクロを食べようとしたが、皮が硬くて手でむけず、思わずかじりつき歯で皮をむしったという。だが、その3時間後に下痢と嘔吐に襲われ、さらに全身麻酔にかかったように、手足に力が入らなくなった。

 実は、ザクロの実の皮にはサナダ虫の駆除に使用されるペレチエリンという成分が含まれており、多量に服用したため中毒症状が出たようで、約3時間後に体が動くようになったという。

 柴田さんは「締め切り前って何もかも混乱していて、乱雑になっている」と語り「締め切り前でなかったらかぶりつかなかった。ザクロを食べて遺作なんて絶対に嫌だと思った」と明かした。

 柴田さんはブログで、もともとアレルギー体質であることを説明。再現フイルムは実際に柴田さんの自宅で撮影、愛犬のチワワ、伽羅(きゃら)も本犬役で出演したと明かしている。

続きを表示

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2018年10月30日のニュース