さくらももこさんに静岡市民栄誉賞、10年創設以来初の受賞者

[ 2018年9月27日 05:30 ]

さくらももこさん(1992年11月撮影)
Photo By スポニチ

 静岡市は26日、人気漫画「ちびまる子ちゃん」の作者で、8月15日に乳がんのため死去したさくらももこさん(享年53)に市民栄誉賞を授与すると発表した。さくらさんは静岡市清水区出身。2010年に同賞が創設されて以来、初の受賞者となる。

 静岡市はさくらさんの功績を「作品を通じて市の知名度やイメージ向上に大きく貢献した」と評価。特に「ちびまる子ちゃん」は「清水を舞台に描き、温暖な気候や食などの魅力を広く発信している」などとした。遺族に授与する予定だが時期は未定という。さくらさんは1984年に漫画家デビューした。小学3年の「まる子」を主人公に家族や友人との日々を描いた「ちびまる子ちゃん」はテレビアニメ化され、国民的人気を誇っている。

続きを表示

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2018年9月27日のニュース