柳生博、愛妻の認知症をテレビ初告白 “初代・峰不二子”二階堂有希子さんの病状語る

[ 2018年9月27日 17:00 ]

28日放送のTBS「爆報!THEフライデーSP」に出演する柳生博(左端)と「我が家」の3人(C)TBS
Photo By 提供写真

 “田舎暮らしの達人”としてTBS系「爆報!THEフライデー」(金曜後7・00)でおなじみとなったベテラン俳優の柳生博(81)。28日放送の「爆報!THEフライデーSP」に出演し、妻で元女優の有希子さん(77)が重度の認知症を患っていることをテレビ初告白する。

 35年前に家族で山梨県北杜市に移住し、“八ヶ岳の森の主”としてこれまで何度も同番組へ出演してきた柳生。ロケで同地を訪れるお笑いトリオ「我が家」や番組スタッフに常に明るく振る舞っていたが、決して明かすことのない苦悩が隠されていた。

 それは妻・有希子さんが患っている重度の認知症。有希子さんは二階堂有希子の名で活躍した元人気女優で、人気アニメ「ルパン三世」で最初に峰不二子の声を担当したことでも知られる。次男の宗助さんが生まれると同時に芸能界を引退したが、「100万円クイズハンター」の司会や「生き物地球旅行」のナレーションでブレークした柳生の活躍は有希子さんの“内助の功”があってのものだった。

 だが2013年、72歳になった有希子さんの身に異変が。病状は悪化し、15年に亡くなった長男・真吾さん(享年47)のお別れの会が開かれた際にも有希子さんは姿を見せていなかった。

 今回も我が家が柳生のもとを訪問。ロケの詳細を何も聞かされていない3人は、柳生から「実はね…ママ、今、はっきり言って認知症でね…」と思わぬ告白を受けて言葉を失う。

 ロケを通じて父と息子のように親しい間柄になった3人に、妻の病を隠していることが辛くなったという柳生。次男の宗助さんとともに現在の有希子さんの病状、最愛の妻のために密かに実行していた“ある事”についても赤裸々に告白する。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2018年9月27日のニュース