石田ゆり子、インスタ批判で感じるネットの怖さ「私の暮らし、そんなにまずいだろうか」

[ 2018年9月24日 08:06 ]

女優の石田ゆり子
Photo By スポニチ

 女優の石田ゆり子(48)が23日放送のフジテレビ「ボクらの時代」(日曜前7・00)に出演。インスタグラム投稿にまつわる、ネット反応への思いを明かした。

 約160万人のフォロワーを誇る自身のインスタ。投稿は「遊びなんです」と話す石田に、共演したフリーアナウンサーの有働由美子(49)からは「(フォロワーが)100万人を超えたら遊びじゃ済まない」との指摘。さらに、ネットニュースの影響力についても問われると石田は「ネットの世界は怖いです」と本音をもらし、「一度も会ったことのない人が、私にお叱りの言葉をくださったりする。誰か分からないけど、私の暮らし、そんなにまずいだろうか…みたいな」と実際に受けている批判について口にした。

 インスタに求めているものは「笑い」だという。「クスっと笑える、フワっと優しい気持ちになるとか、ニコってすることが意義だと思うので」と石田。実際は「割と勝手にみんな論じ合っている」と、笑いとはかけ離れてしまうところもあるとし「すごい攻撃性を感じて怖いなと思うことがある。正義とか思い込みが怖い」と打ち明けた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2018年9月24日のニュース