「会津藩公行列」綾瀬はるか5年連続“出陣”「ありがとなし」

[ 2018年9月24日 05:30 ]

鶴ケ城での「会津藩公行列」出陣式に参加した俳優の綾瀬はるか(中央)=23日、福島県会津若松市
Photo By 共同

 戊辰戦争(1868〜69年)の激戦地の一つとなった福島県会津若松市で23日、旧会津藩の歴代藩主らに扮した人々が市内を練り歩く恒例の「会津藩公行列」が行われた。

 今年は旧幕府軍の主力だった会津藩が新政府軍に敗れて150年になることから、会津藩と共に戦った「奥羽越列藩同盟」に加わった旧藩ゆかりの人々も参加した。戊辰戦争前後の会津藩が中心となった2013年のNHK大河ドラマ「八重の桜」で主演した女優綾瀬はるか(33)も5年連続で参加。出陣式で「今年も呼んでくれてありがとなし」と会津弁であいさつし拍手を浴びた。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2018年9月24日のニュース