「半分、青い。」より子役反響の石橋静河「You May Dream」地上波全国放送「本当にうれしい」

[ 2018年9月24日 08:00 ]

地上波全国放送される「You May Dream〜福岡発地域ドラマ〜」に出演、テレビドラマに初挑戦した石橋静河(右は福山翔大)(C)NHK
Photo By 提供写真

 NHK連続テレビ小説「半分、青い。」(月〜土曜前8・00)のより子役も反響を呼んだ女優の石橋静河(24)がテレビドラマに初挑戦したNHK「You May Dream〜福岡発地域ドラマ〜」が24日午後3時45分から総合テレビで地上波全国放送される。

 福岡放送局制作の地域ドラマ15作目。福岡が生んだ伝説のロックバンド「シーナ&ロケッツ」のボーカル・シーナさん(鮎川悦子さん、2015年2月逝去)とギターでシーナさんの夫・鮎川誠(70)の青春時代を1970年代の北九州を主舞台に描く。バンドは17年11月に結成40周年を迎えた。ドラマのタイトルは代表曲「ユー・メイ・ドリーム」から採った。

 脚本は北九州市出身の葉月けめこ氏。シーナさん役を石橋、鮎川役を福山翔大(23)が演じた。共演はシーナさんの母親役に徳永玲子(53)、シーナさんを妹のようにかわいがっている魚屋店主にテレビドラマ初出演となったバッドボーイズの佐田正樹(40)、シーナさんの父親に松重豊(55)。 今年3月に総合テレビ(九州・沖縄地方)で、5月にBSプレミアムで放送されたが、再放送を望む声が多く届き、今回、地上波全国放送が実現した。

 石橋は、昨年の国内映画賞を席巻した恋愛映画「夜空はいつでも最高密度の青色だ」(監督石井裕也、昨年5月公開)で俳優の池松壮亮(28)とダブル主演。看護師をしながら夜はガールズバーで働く美香の孤独を体現し、ブルーリボン賞など数々の新人賞に輝いた。

 4歳からクラシックバレエに親しみ、15歳になると米ボストンやカナダのカルガリーのバレエスクールに留学。13年に帰国し、コンテンポラリーダンサーという顏も持つ。

 テレビドラマ初出演作の地上波全国放送に「本当にうれしいです」と大喜び。「初めてのドラマで、シーナさんという伝説の人を演じるというプレッシャーに悩むことも多かったのですが、シーナさんの出生地の若松や博多で撮影することで、常に音楽を感じながら楽しんで演じることができました。何よりも、シーナさんの『好き!』という気持ちで何でもやり遂げてしまわれるポジティブなパワーに助けられ、撮影中は自分の体温が2度くらい上がってるような、そんな感覚を持ってやり切ることができました」と振り返った。

 「半分、青い。」で朝ドラにも初挑戦。ヒロイン・鈴愛(永野芽郁)の“運命”の幼なじみ・律(佐藤健)と結婚した(のちに離婚)菱松電機の受付・より子を演じ、インパクトを残した。

 「普通の恋愛をし、結婚をした、あくまで普通の女性だと思いながら演じました。子育てをする中で、真面目であるがゆえに少し行き過ぎた教育になってしまったり、夫である律さんにきついことを言ってしまう、とても人間らしい心を持った人だと思い、やらせていただきましたが、とても、とても難しかったです!現場では、佐藤さんや息子・翼役の(山城)琉飛(るいと)琉飛くんに助けられ、やり切ることができました」と回想。

 反響は大きく「会う人会う人、『朝ドラ見てるよ!』と言ってくださり、うれしかったです。毎朝の楽しみにされていたり、本当にたくさんの人の心に届いてるのが朝ドラなんだなぁと思いました」と実感した。

 また、「ユー・メイ・ドリーム」は偶然にも「半分、青い。」を彩る重要な曲に。「『半分、青い。』の脚本を頂いたのは、福岡で行われたドラマの完成披露イベントで本物のシーナ&ロケッツの皆さんと『ユー・メイ・ドリーム』を歌わせていただいたすぐ後でした。何か仕掛けがあるのかなと疑ってしまうくらい不思議なご縁を感じました。でも何よりも『ユー・メイ・ドリーム』が時代を超えて愛される名曲であるということだと思います!」と心底感じた。

 公開中の映画「きみの鳥はうたえる」(監督三宅唱)も好評。「ドラマ『You May Dream』を通してシーナさんに出会い、一心に音楽を愛し、その喜びを届けるために走り続けた人だと思いました。そのエネルギーと愛情の大きさは、同じ女性としてたくさんのことを教えてもらった気がします。俳優業は自分にとって『出会い』です。作品との出会い、役との出会い…。もっとたくさんの人に伝わる芝居をするためにも、シーナさんのように心のアンテナを張って、自分を磨いていきたいです!」と決意を新たにしている。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2018年9月24日のニュース