森三中・大島 右手首骨折は全治2カ月「情けない」右腕吊った状態で生報告

[ 2018年9月24日 13:05 ]

森三中・大島美幸
Photo By スポニチ

 お笑いトリオ「森三中」の大島美幸(38)が24日、日本テレビ「ヒルナンデス」(月〜金曜前11・55)に生出演。右腕を吊ったた状態で登場し、右手骨折で、全治2カ月であることを明かした。

 夫で放送作家の鈴木おさむ氏(46)が21日更新の自身のブログで、大島の右手首骨折を公表。泣き顔の大島の画像を掲載し「突然ですが。妻が本日、手首を骨折しました。しかも右手首」と伝えていた。

 右手が吊られた痛々しい姿。MCの「ウッチャンナンチャン」南原清隆(54)から「大島、どうしたその腕」と聞かれると「情けないです」と弱り顔で、負傷した時の様子について説明。「路地を歩いて、雨で下が濡れていて滑って。手をついてしまいました。めちゃめちゃ痛いんです、骨折って」とし「手首がボキっと。全治2カ月と言われています。でも1カ月でどうにか頑張ります」と話した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2018年9月24日のニュース