福井コンビが「福」つかんだ!フォーチュン・チェリー優勝で12・19デビュー AKBじゃんけん大会

[ 2018年9月24日 05:30 ]

2ki(左)に勝ち、優勝したFortune cherryの松田祐実(右端)と多田京加(撮影・木村 揚輔)
Photo By スポニチ

 AKB48の「第9回じゃんけん大会」が23日、東京・蒲田の片柳アリーナで行われた。福井出身の多田京加(19=AKB)と同県出身の松田祐実(16=HKT)による「Fortune cherry(フォーチュン・チェリー)」が優勝。12月19日発売のシングル作品でデビューする。

 今大会は昨年と同じく、ソロでの参加、もしくはグループの垣根を越えてメンバー間で1〜16人のユニットを組んで参加できる。

 2人は出身地・福井の「福」にあやかって「幸運」を意味する英語「フォーチュン」をユニット名に取り入れた。松田は優勝に「皆さんから福を頂いた」と観客約4000人に感謝した。

 多田は劇場デビューから約4カ月、松田が約1カ月とキャリアが浅く、CDに参加するのは人生初めて。終了後の取材でミュージックビデオについて「東尋坊やレインボーラインといった福井の名所で撮影したい」とにっこり。「恋するフォーチュンクッキー」のような大ヒットに向け「これからはフォーチュン・チェリーの時代が始まります」と声をそろえた。

 ◆多田 京加(ただ・きょうか)1999年(平11)8月19日生まれ、福井県出身。今年1月の「第3回ドラフト会議」でAKBに加入。愛称きょうか、きょん、多田先輩。特技は和太鼓。趣味ハンドメイド。1メートル51。血液型B。

 ◆松田 祐実(まつだ・ゆみ)2002年(平14)5月13日生まれ、福井県出身。今年1月の「第3回ドラフト会議」で指名を受けてHKTに加入。口の下にある3つのほくろがチャームポイント。愛称ゆみみ。1メートル47。血液型AB。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2018年9月24日のニュース