矢吹奈子 2年半「IZ*ONE」専念「今までの自分を超えて、より大きくなって帰ってきたい」

[ 2018年9月24日 18:26 ]

国内での活動を2年半休止し、「IZ*ONE」の専任となることが発表された矢吹奈子。「プロデュース48」内でおなじみとなったポーズを決める
Photo By 提供写真

 HKT48の宮脇咲良(20)、矢吹奈子(17)、AKB48の本田仁美(16=AKB)の3人が今後2年半にわたり日本での活動を休止し、韓国のオーディション番組から誕生した日韓12人組ガールズグループ「IZ*ONE(アイズワン)」に専念することが24日、千葉・幕張メッセの握手会で発表された。

 矢吹は透明感あふれる歌声などが評価され視聴者投票で最終順位6位を獲得。同番組を振り返り「ポジションだったり、歌のパート決めだったりで“私はこうしたい”と言わないと仲間に伝わらない」と文化の違いを痛感。その分、「“どんどんみんなにおいていかれちゃう”って思って積極的に“センターをやりたい”とか“メインボーカルをやりたい”と言えるようになりました」と成長につながったことを明かした。

 2年半の活動休止について「中途半端に活動をするよりも、アイズワンのメンバーとして頑張って大きな存在になることが、ファンのみなさんにも喜んでいただけると思う。今までの自分を超えて、より大きくなって帰ってきたい」と誓った。

 3人は2021年4月に復帰する見通し。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2018年9月24日のニュース