青春語った篠原涼子「バイトの毎日」広瀬すず「8年間バスケ」

[ 2018年8月22日 05:30 ]

映画「SUNNY 強い気持ち・強い愛」の試写会に出席した篠原涼子(中央左)と広瀬すず(同右)
Photo By スポニチ

 女優の篠原涼子(45)と広瀬すず(20)が21日、都内で映画「SUNNY 強い気持ち・強い愛」(監督大根仁、31日公開)の試写会に登場した。

 90年代の仲良し女子高生グループを描く作品。自身の青春について篠原はアイドルグループ「東京パフォーマンスドール」として活動していた時を振り返り「お寿司屋さんでアルバイトをしながら夢中で駆け抜けた怒濤(どとう)の毎日でした」と笑顔。広瀬は「中学まで8年間バスケットボールをやっていて今もその仲間は一番心を許せる人たち」と話した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2018年8月22日のニュース