小林麻耶 芸能界引退、結婚機に専業主婦へ 心身とも疲れ決断

[ 2018年8月4日 05:30 ]

フリーアナウンサーの小林麻耶
Photo By スポニチ

 先月24日に4歳年下の一般男性と結婚したフリーアナウンサーの小林麻耶(39)が3日、芸能界から引退することを自身のブログで発表した。この日付で所属していた芸能事務所「セント・フォース」とのマネジメント契約を終了。結婚を機に仕事を離れ、専業主婦になる決断をした。

 先月27日に結婚を電撃発表し、世間を驚かせてからわずか1週間。またも突然の発表だった。午後7時に「いつも応援してくださっている皆様へ」とのタイトルでブログを更新し「大好きなメディアの仕事を離れ、全身全霊、家族のために日々たくさん働きたい」と表明した。

 引退を決めたのは肉体面、精神面の疲労によるものとみられる。16年5月、生放送の番組出演中に体調不良で倒れて休養。その後、自身の体調を見ながら、乳がんで闘病していた妹の小林麻央さん(享年34)を支えてきた。昨年4月に復帰したが、同6月に麻央さんが他界。それでも精神的なショックを見せずに、明るく仕事を続けてきた。

 結婚発表の時には「今後もたくさん働きたいと思います!!!」と仕事への意欲を記していただけに急な決断。テレビ関係者は「元々、精神的、肉体的疲労が蓄積していた中で結婚発表後、一部マスコミに自宅周辺を張り込まれていたようで疲れてしまい、引退して私人になることを選んだようです」と話している。

 TBSの人気アナから09年にフリーに転身し、麻央さんと同じ「セント・フォース」に所属していた。麻耶は「家族のようにほっとできる事務所でした」と感謝。事務所側も「本人の意思を尊重した。温かく見守っていただけたら」とコメントした。ブログは閉鎖せず、今後も交流の場として続けるという。

 ◆小林 麻耶(こばやし・まや)1979年(昭54)7月12日生まれ、東京都出身の39歳。青学大文学部卒。在学中に日本テレビ「恋のから騒ぎ」に出演。03年にアナウンサー職でTBSに入社。「王様のブランチ」や「チューボーですよ!」などで活躍。09年に退社しフリーに転身した。趣味はDVD観賞、ゴルフ。1メートル57。血液型A。

続きを表示

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2018年8月4日のニュース