私人になれば…大沢弁護士「過度な取材に対して法的手段可能」

[ 2018年8月4日 05:30 ]

小林麻耶芸能界引退

フリーアナウンサーの小林麻耶
Photo By スポニチ

 私人としての生活が始まった場合、張り込み取材やプライバシーに関わる報道は法的にはどう扱われるのか。

 大沢孝征弁護士は「私人となれば過度な取材などに対しては法的手段に出ることも可能」と話す。タレントなら公益性があると見なされるケースでも私人では適用されなくなり、プライバシー侵害と見なされる場面が出てくることがありそうだ。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2018年8月4日のニュース