松井玲奈 初の悪役絶賛された「悪女もできる女になりたい」

[ 2018年8月4日 12:50 ]

映画「劇場版 仮面ライダービルド Be The One」、「快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャーenfilm」初日舞台あいさつに登壇した松井玲奈
Photo By スポニチ

 女優の松井玲奈(27)が4日、都内で行われた映画「劇場版 仮面ライダービルド Be TheOne」初日舞台あいさつに、レギュラーキャストの犬飼貴丈(24)、赤楚衛二(24)、高田夏帆(22)、武田航平(32)、越智友己(27)、滝裕可里(30)、水上剣星(34)、前川泰之(44)らとともに登壇した。

 劇場版ゲストとして、地球を滅ぼすためにやって来た“ブラッド族”である才賀涼香/シザーズロストスマッシュ役を演じた松井は、MCから「見事な悪役でした」と絶賛され、観客からも大きな拍手を浴びると「ありがとうございます」と笑顔。「悪役自体を演じるのが初めてでしたが、悪役は楽しいなと思ったので、この先は悪女もできる女になりたいなと思いました」と声を弾ませた。

 また、自他共に認める特撮ファンである松井だが、また仮面ライダーシリーズに出たい気持ちはあるか尋ねられると「今度はレギュラーで出たいです。ガジェットを開発する博士みたいなポジションで、1話の中で5分くらい出られるくらいがちょうどいいなと思います」とコメント。高田から「そこらへんに偉い人がいっぱいいるから本当にオファー来ますよ」と声をかけられると、「よろしくお願いしまーす」と手を振り、全力でアピールした。

 さらに、今作のサブタイトル“Be TheOne”にかけて、ナンバーワンを目指したいことを尋ねられた松井は「かき氷がめちゃくちゃ好きで食べ歩いているので、日本中のかき氷を食べ尽くす人になりたいなと思っています(笑)」と目を輝かせ、「今、かき氷も日本も熱いので、かき氷が気になった人は私のSNSを見ていただくと美味しいかき氷が見られるので、ぜひ皆さんもかき氷を楽しんでください」とアピール。これにキャストから「映画の宣伝をしてください(笑)」と声が飛ぶと、「この映画館の近くにもおいしいかき氷屋さんが2軒くらいあるので、ぜひ映画を楽しんだあとに行ってください」とうまいこと映画と結びつけて会場の笑いを誘った。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2018年8月4日のニュース