日本代表DF槙野 事務所先輩の和田アキ子を「ブラジル」に例えたワケ

[ 2018年8月4日 13:19 ]

浦和のW杯日本代表DF槙野智章
Photo By スポニチ

 サッカーJリーグ、浦和のW杯日本代表DF槙野智章(31)が4日、ニッポン放送「アッコのいいかげんに1000回」(土曜前11・00)に出演。事務所の先輩で、同番組のパーソナリティーを務める歌手の和田アキ子(68)の存在感をサッカー強豪国の「ブラジル」の例えて周囲をうならせる場面があった。

 日本中を熱狂させたワールドカップ(W杯)ロシア大会。31歳で初選出された槙野にとって、W杯は「7歳の少年時代から夢に見ていた舞台だった」といい、出場は1次リーグ第3戦のポーランド戦のみにとどまったが、それでも「テレビで観ているのも、ベンチから観ているW杯とも違うものだった」と振り返った。

 ポーランド戦では、前2試合からスタメンを6人入れ替えたが「(監督の)西野さんにとって、メンバーを替えたのは、ばくちだったと思います。投入された選手はそれだけプレッシャーが大きかった」。それでも、DFとしてポーランドのエースFWレバンドフスキ対策を1年かけて研究したことを明かし「(情報を)頭に叩き込んでピッチに立ちましたから」と話した。

 また、リスナーから「和田をW杯の強豪国に例えるとしたら」との質問を受けた際には「ブラジルです」と即答。「みんな知っていて、芸能界のドンで、ホリプロのドンと言われてますし。ブラジルもあこがれの存在。会いたいし、共演したいし、対戦したいというのがありました」と打ち明けた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2018年8月4日のニュース