安室奈美恵に沖縄県民栄誉賞 式典の最中、感極まり涙ぐむ場面も

[ 2018年5月23日 18:13 ]

沖縄県民栄誉賞を受賞した安室奈美恵
Photo By 提供写真

 沖縄県は23日、今年9月の引退を表明した県出身歌手の安室奈美恵に、「平成の歌姫」として県民に大きな夢と感動を与えたとして、県民栄誉賞を贈った。沖縄県庁で、翁長雄志知事から賞状を受け取った安室は「名誉ある賞をいただき、とてもうれしく思っています」と笑顔で話した。

 翁長知事は「多数輩出されている沖縄出身の歌手やタレントの草分け的存在となっている」と述べ、これまでの活躍をたたえた。安室さんが式典の最中に、感極まった様子で何度も涙ぐむ場面もあった。

 安室さんは記者団に「沖縄は、帰ってくるたびに初心に戻してくれる場所。一人でも多くの方たちに興味を持ってもらい、好きになってもらえたら良いと思います」と話した。

 安室は1992年に女性5人のアイドルグループ「スーパーモンキーズ」のメンバーとしてデビュー後、ソロ活動を始め、「CAN YOU CELEBRATE?」などのヒット曲を連発した。「NEVER END」は2000年の沖縄サミットのイメージソングとなった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2018年5月23日のニュース